皆さんこんにちは!
BODY MAKE LAB FIOREの井田です。

 

今回は脂肪がつく原因・解消

内臓脂肪は、食事、私生活が乱れていたり、運動不足のままファストフードを食べていたり、飲酒の機会が多かったりすると内臓脂肪についてしまいます。また日頃のストレスやタバコも内臓脂肪の蓄積を促進させてしまいます。

ファストフードとは?ファーストフードとの違いも解説 | DELISH KITCHEN

皮下脂肪はカロリー過剰摂取、運動不足、生活バランスの乱れ摂取カロリーが消費カロリーを上回る事で脂肪が蓄積されていくので日頃からの生活習慣が目に見えて身体に出ていると言ってもいいですね。

エンジニアの運動不足解消法について紹介! | パソナテック

皮下脂肪と内臓脂肪の落とし方

解消方法

内臓脂肪

飲酒、タバコをなるべく控えると共に適切な食事コントロールを行う事が重要で同時に有酸素運動による燃焼も行うようにする。

1.有酸素運動

内臓脂肪は運動時エネルギーとして使われるため、30〜60分程続けられる程度にするといいです。30分続けれない運動は強度が高くなって、糖質をエネルギーとして使ってしまいます。コントロールして運動をする。

2.食物繊維が多く含まれている食べ物

野菜類、大豆類、海藻類、キノコ類など食物繊維が多い物で食事をすると良い。腹持ちが良く食事の最初に摂ると脂肪吸収を抑える事ができ、食物繊維の食材は歯応えがあるのが多く満腹感を得れる。

3.炭水化物を減らす

炭水化物は摂取量が多くなってしまうと、ホルモン関係で脂肪を溜め込みやすくなってしまうので、糖質は適量を摂るのがよくまた炭水化物は糖質と食物繊維からできているので食物繊維以外から摂取する糖質を減らしていくのが良いでしょう。

皮下脂肪

1.カロリー制限

脂肪がつくのはカロリー過剰摂取が原因。日頃から脂質や糖質を過剰摂取している方なんかは気をつけていきましょう。消費エネルギーよりも摂取カロリーが上回らないよう注意する。

2.筋トレ

燃焼の促進をさせ、その後すぐに有酸素運動を行うとより高い燃焼効果がでます。

3.有酸素運動

皮下脂肪は内臓脂肪に比べて燃焼しにくいと言われているため、1回あたりの運動に時間をかける必要があります。長期間できる運動を週3~4行っていきましょう。1回30〜60分を目安。

第4回 健康的な生活スタイルに改善|ココロ・元気学|元気学|100歳まで楽しく歩こう project by キューサイ

基本的に脂肪は日頃の日常生活が原因として多くつくことがあります。

まずは生活習慣を見直してみたり食事を見直していくとみるみる身体も変化していきます!

 

体験トレーニングのお申し込みは、
↓↓↓ こちらから ↓↓↓
http://fiorekz.com/trial_form/

皆様の御来店お待ちしております。