皆さんこんにちは!
BODY MAKE LAB FIOREの井田です。

 

本日はビタミンに関してお話ししていこうと思います‼️

 

🔶ビタミンとは

 

『健康、美容のためにビタミンを摂取しましょう!』

『免疫力を上げるために毎日ビタミンを摂取しましょう!』

 

 

などとよく耳にしたりしませんか?

そもそもビタミンを摂取しなければならない理由は考えたことはございますでしょうか?

 

生物辞書では、

『生物が正常な生理機能を営むため、その必要量は微量であるが、自分では生成、合成できず、他の天然物から栄養素として取り入れなければならない一群の有機化合物である。

 

と記載がございます。

かなり難しいことが書いてありますね💦

 

 

人間は、糖質、タンパク質、脂質となる三大栄養素で構成されております‼️

ビタミンはこれらの栄養素の代謝助ける働きがあります!

 

例えると、

機械に潤滑油をつけるとスムーズに動くようなイメージです‼️

 

 

🔶ビタミンの種類

 

◎脂溶性ビタミン

ビタミンADEK

特徴

・水にはほとんど溶けない。

・ビタミンE以外のADKは大量に摂取をすると体内に蓄積され、過剰症を起こす恐れがございます。とは言っても食品から摂取できる量は微量なので心配はございません。

 

 

水溶性ビタミン

ビタミンB(B1B2B6B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)・ビタミンC

特徴

・水に溶けやすい性質で大量に摂取をしてしまっても、体に余分なものは尿として排出されてしまいます。

・水溶性ビタミンは保存の仕方や調理にやって壊れやすい性質がございます。

 

皆さんが良く知っているビタミンはBやCの水溶性ビタミンではないでしょうか❓

ですので今回はあまり馴染みの無さそうなビタミンAとビタミンDについて少し詳しく説明していこうと思います✨

 

 

まずはビタミンAに関してのお話をしていきます🍀

 

🔶ビタミンAの主な働き

 

脂溶性ビタミンの1つで、(特にレバー)、乳製品、魚などの動物性食品に多く含まれています。

レチノール、レチナール、レチノイン酸などの様々な呼び方がこれらをビタミンA”といいます。

 

ビタミンAの主な働きとしては、

・皮膚や粘膜、目の健康を維持する

・肝臓機能の正常化

・免疫作用

という働きがございます。

 

 

🔶不足しがちで起こり得る症状

 

・光を眩しく感じたり、暗いところが見えにくくなる

・目が乾きやすい

・胃腸が弱くなる

・皮膚、粘膜の乾燥

・ニキビや吹き出物ができやすい

・風邪を引く頻度が高くなる

・アトピー性皮膚炎が気になる

・喉が乾燥して咳き込むことがある

などといった症状が出てきます💦

また脂溶性ビタミンということもあり、過剰摂取も身体に悪影響していきます😓

 

 

🔶摂取するといいこともあり、悪いこともある栄養

 

日本の厚生労働省では、ビタミンA摂取量の上限許容量を決めております。(5,000IU)

妊娠中に過剰摂取をしていくと、胎児の脳、頭部の奇形を起こすという報告もあるので、摂取量には気をつけたいです。

これは過剰摂取の際のことなので、正しく服用していただければ、お肌のターンオーバーを高めたり、免疫力も高まっていきます‼️

正しい摂取目安を考えながらビタミンAは摂取したいですね😊

 

 

🍽ビタミンAを多く含む食品🍽

 

鶏レバー/豚レバー/魚の肝/うなぎ/卵黄/にんじん/小松菜/にら/ほうれんそうなど

 

 

次は骨と免疫力に関わっているビタミンDに関してです🦴

 

🔶ビタミンDとは

脂溶性ビタミンで骨を丈夫にする効果があるビタミンの一つです。

通常のビタミンは食品から摂取しなければならないですが、ビタミンDは日光に浴びているだけで8090%を体内で生成されていきます☀️

 

主な働きとして、

 

・カルシウムとリンの吸収促進

・骨の形成と成長促進

・遺伝子の働きを調節

 

不足していくと起こる症状として、

 

・糖尿病

・動脈硬化

・免疫力低下

・自閉症

・うつ

・花粉症

・クル病

・骨軟化症、骨粗しょう症(成人)

 

また脂溶性ビタミンということもあり、過剰摂取の際に高カルシウム血症や高カルシウム尿症、腎機能・胃腸障害にもつながりますので、摂り過ぎには注意です。

 

 

🔶骨を丈夫にするだけではないビタミンD

ビタミンDは骨を丈夫にするだけでなく、免疫機能を調整する役割もございます。

体内に侵入した細菌やウィルスなどに対して、過剰な免疫機能を促進します。

このため、風邪やインフルエンザ、気管支炎、肺炎などの感染症の発症、悪化の予防にも関与していきます。

今医学会でも感染症関連でビタミンDなどの栄養は話題になっております🧐

 

 

🔶日光とビタミンD

前述でもございました、日を浴びるとビタミンDを体内で生産できます。紫外線の浴びる量は季節毎で違うので、ビタミンDの生産量は変わります

 

 

🍽ビタミンDを多く含む食品🍽

メカジキ、まいたけ、タラの肝油、ヨーグルト、牛乳、サーモン、牛レバーなど、、、

 

 

他にもまだまだビタミンの内容は長いので、また他の記事でも紹介しようと思いますのでその時は是非閲覧してみてください🤗

 

 

体験トレーニングのお申し込みは、
↓↓↓ こちらから ↓↓↓
http://fiorekz.com/trial_form/

皆様の御来店お待ちしております。